ぼん家の縁側

bluebon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ: └'06東北ツーリング( 48 )


2006年 09月 17日

おサイフに優しいあかもん

今回の東北ツーリング、ガソリンのレシート見ながら燃費計算してみると。

走行距離 2926km
給油量   約122L     おおよそ24km/L

中でもびっくりしたのが 28.3km/L!!
もちろん、状況によってでしょうが、それでもこんなに走ってくれるのね。

積載性にはちょっと苦労と知恵が必要ですが、S2Rの軽快性のおかげか、ワインディングも楽しめたし、高速でも必要以上にスピードは出さない(ストレスも感じない)ので、そんなに疲れた気もしません。

コイツはこれからしばらくいいお付き合いが出来そうです(笑)
[PR]

by bon_bom | 2006-09-17 15:50 |  └'06東北ツーリング | Comments(0)
2006年 09月 17日

「遠足はお家に帰るまで」~東北ツーリング番外編その3

予定外の寄り道をしたあと、今日のメイン、城崎温泉へとたどり着きました。
県道3号線と円山川との距離(水面)が近いのね。
a0064122_1425993.jpg
ここ城崎温泉は外湯が7つあります。さぁ、どの湯に入ろうかな♪
a0064122_1433399.gif
(pdf版はコチラ)う~ん、道なりにウロウロしたところ、「まんだら湯」へ。
a0064122_14354142.jpg
っと、バイクを止めたものの、カーテン閉まってる!?

営業時間15時から

今は12時。アイタ~(T_T)
もしかして、全部確かめてないけど、他の湯も今は営業してないの??ヤダよぉ。
とりあえず、マップを見つけないと。城崎駅前へ行ってバイクを止めました。
駅のすぐ傍には最近出来たばかりの「さとの湯」がありました。
a0064122_14422977.jpg
ここでもいいかな~、と思って、中に入ったものの、入浴料が800円(^^;
そして、何だか新し過ぎる気がして、や~めた。
営業時間も「まんだら湯」と「柳湯」のみ15時からで、他はやってる。良かった。
暑苦しいツーリングブーツで温泉街をフラフラ。周りは軽やかなサンダル姿だったりするのにねぇ。ま、バイクだから仕方ないの。
a0064122_14461411.jpg
とりあえずここにしてみました。「地蔵湯」
早速お湯につかって、はぁ~。。
お客は近所のおばあちゃんと思われる数人。ゆっくりできました。
簡単に食事も済ませ、城崎を後にします。やっぱりここは雪の時期がいいのかな。カニも美味しいだろうし。
豊岡、出石(そばを食べても良かったかな?)を抜けた辺りから、急に曇ってきました。今回のツーリングで初めてどんよりした天候。こりゃ、最後の最後でカッパ着なくちゃいかんのか!?
気温もぐっと下がり、メッシュジャケットでも少し寒い。
しかし、どうも夕立が去った後のようで、路面はしっかり濡れてるけど、行く先は明るい!
ツイてるなぁ(笑)
その後もR175で順調に南下。高速には全く目もくれず。出来る限り下道を使うつもり。だって急いで帰ることもないし、この1週間で、長距離体質になってるし(笑)
という訳で、「たこフェリー」に乗って帰りますよ
a0064122_15151931.jpg
これに乗るのも久しぶりやな~。乗船時間は30分程度。夕陽に照らされる明石大橋を下から眺めながら、しばし休憩。
a0064122_15171825.jpg
さぁ、更に下道で行きますよぉ!(どこまで体力が残っているか(笑))
頑張って洲本まで来ました!しかし、いよいよ、体力も低下、お腹も空いてきたし、なんでか「coco壱番」のカレーに飛びついてしまいました(笑)美味しいなぁカレー。。
そして洲本インターから一気に徳島へ。
ようやく長い「遠足」が終わりました。事故も違反も大きなトラブルひとつなく。
あかもんもよく走ってくれましたよ。まだまだ旅は終わった気がしないんですけど。
とりあえずは、お疲れ様m(__)m

a0064122_15254888.jpg

[PR]

by bon_bom | 2006-09-17 15:30 |  └'06東北ツーリング | Comments(0)
2006年 09月 14日

「遠足はお家に帰るまで」~東北ツーリング番外編その2

朝食も済ませ、さぁ徳島へ。

しつこいようですが、真っ直ぐは帰りません(笑)

国道に出て、西進します。
日も高くなり、やっぱり暑いなぁ。通勤時間帯にもなり、交通量も増えてきた。
小浜市、舞鶴市を抜け、宮津市へ。
a0064122_2365753.jpg
天橋立
を横目に、丹後半島を一周しよう♪

海岸線を北上すると、伊根の舟屋集落が見えてきました。
a0064122_23122119.jpg
a0064122_23124146.jpg
綺麗だなぁ。
こういう景色は、変に手を加えたり、観光名所みたく、乱開発はやめて欲しいな。
このままの景色を、残して欲しいなぁ。

さらに海岸線を進むのですが、なんとこの先、通行止め!
7月の豪雨により、道路が崩壊しているのです。ふぇ~ん(泣)
迂回路があるので、結局山の中へ。。
ふと、メーターを見たらば・・・
a0064122_2319273.jpg
7777!

そして、碇高原総合牧場に出ました。
a0064122_2326252.jpg
結構穴場な高原かも!のんびり出来そう。
だけど、前に進みますよん。
ここから、丹後縦貫林道を下り、再びR178へと出ました。
そして、まだまだ西に進むのですが、久美浜の手前の、何てことないところで、

またもや迷子になりました(泣)

普通に国道を走っていたはず、なのに。
夕日ヶ浦温泉の先を左に曲がらねばならないのに、標識がない!!
フツー、国道ならばちゃんとあるやんか!←逆ギレすんなってf(^^;
(再び通った時に気付いたのですが、視線の先、歩行者の目線で『国道コッチ』なんて、控えめな標識がありました。。)
ぼんは気付かず、直進し、不思議に思いながらも、r665をぐるっと1周したのでした(哀)
[PR]

by bon_bom | 2006-09-14 23:50 |  └'06東北ツーリング | Comments(6)
2006年 09月 13日

「遠足はお家に帰るまで」~東北ツーリング番外編その1

長~いツーリングもようやく最終日。8月11日(金)
フェリーは予定より早く敦賀湾へ入りました。
船内にアナウンスが流れ、身支度をするため洗面所へ行った帰り、甲板に出てみました。
a0064122_21514551.jpg
綺麗な月がお出迎えしてくれました。写真を撮っていると、同じく月を見ていたオジサマが、
「どこの国の人?」
へっ?「徳島ですがな^^;」
中国系に見られたようですが、初めて言われて少々びっくり。
オジサマは敦賀で下船したあと、電車などを乗り継いで、下関へと帰るそうです。
「九州も行きたいんですよ~」などと少しおしゃべりしながら、船室へ戻りました。

a0064122_21562268.jpg
車両甲板へ降りて、荷造り開始。意外と空いているのよね。
お盆はこれが一杯になるのかな?
初日に悪戦苦闘したパッキングも、ここへ来て手早くなりました。
けれど、これも今日で最後なのね、グスン。
パッキングを終えて、ボーっとしていると、隣のお兄さんが
「タイヤを綺麗に使こうてはりますな~、かなり楽しんできましたね」
(いや~、両端、ちょこっと残ってますけどね。)
「そうやね、東北は楽しかったですよ」

さぁ、下船の開始です。
a0064122_2159281.jpg
a0064122_22403485.jpg
まだ5時半にもなっていない敦賀。
西日本に戻ってきたとはいえ、少々肌寒い。
ここから真っ直ぐ徳島に帰ると、仕事出れますよ(笑)
そんなこと、するはずも無く(^^)v
もちろん寄り道して帰ります。
三方五湖に行ったことがないので、早速。
途中の海岸線も、素晴らしい眺め。
a0064122_22475630.jpg
途中、コンビニで朝食の買出しをして、三方五湖レインボーラインへ。
営業開始時間とともに料金を払い、登っていきます。頂上の公園は営業していないので、その下の駐車場で、朝食タイム。
a0064122_22524696.jpg
ちょっとゼイタクだと思いません?朝もやのかかる湖をおかずにコンビニおにぎり(?)景色はお金で買えませんもの。いや~、ゼイタクだ^^
a0064122_2302319.jpg
a0064122_2304277.jpg

[PR]

by bon_bom | 2006-09-13 22:05 |  └'06東北ツーリング | Comments(0)
2006年 09月 10日

さらば東北

はぁ~、長い東北ツーリング(記事のUP)もようやく終了が見えてきましたf(^^;

8月10日(木)、ホテルを後にして、9時出港のフェリーに乗るべく、秋田港へ向かいます。
a0064122_21312041.jpg
秋田市内もゆっくりすることは無かったな~。じゃんねん。。
今日もご機嫌な天気ですが、海の上で過ごすことになります。

港に行く前にコンビニでおやつの買い込み。そして、ターミナルでチケットの発行手続きを済ませ、しばらく時間があるので、ウロウロと。
今日はコチラにお世話になりますよ。
a0064122_2141180.jpg
ここで撮影してたら「そこには入らないで~!」どうも進入禁止エリアだったらしいf(^^;
a0064122_2142424.jpg
ぼんは、このフェリーのロゴが好き。
本来、北海道行きの新日本海フェリーはライダーならば夏の北海道へ行く為の重要な交通機関。しかし、ぼんは使ったことありません、夏は。
でも何故か、正月のスキーに行く為に2回ほど使いました。しかし、冬の日本海は恐怖。。航行中、あまりの揺れにずっと寝たまんまでしたけど。
a0064122_21531427.jpg
このフェリーの始発は北海道・苫小牧。秋田から乗り込むバイクは少々少なめ。
そろそろですかな。
誘導に従い車両甲板にバイクを止め、両手一杯に荷物を抱えて、ぼんのお部屋を教えてもらいに船内案内所(フロントみたいなもんかな)へ。2等寝台なので、部屋に窓はなく、本当に寝るだけやんなぁ。でも、それで、十分。込み合ってもないので、他の乗客と隣り合うこともなく、ベットを指定してくれました。
荷物の整理をして、甲板へ。
a0064122_22144.jpg
ああ、さようなら、東北ぅ~!!
また来年(かどうかはわかんないけど)来るからね~。今度はポイントを思い切り絞って、ゆったりと回れるように計画的にね(笑)

さぁ、9時に予定通りに出港したら、次に寄港するのは、15時に新潟。
溜まった洗濯物をコインランドリーに放り込んで、本を持ってゆったりと。
a0064122_2210111.jpg
大好きな宮部みゆきの厚手の小説を。しかし、読み始めてすぐ、睡魔が襲ってくる。コクリコクリ。。廊下を走る子供の声で目が覚めて・・・。の繰り返し。

そのうちに、あらま、早くも新潟港へ。
久しぶりだわねぇ(笑)数日前に立ち寄った新潟。

しかし、この大きな船体を、器用に接岸させるものですよね。
a0064122_22212252.jpg
多くの人と業者の出入り。甲板の上からじぃっと見てしまいました。これから旅立つ人も、ぼんのように旅も終わりを迎える人も、いろんな物語があるんでしょうねぇ。
a0064122_2225625.jpg
そして出港。職員の方が手を振ってくれていました。新潟も、また来るよ~。

夕方の込み合う時間を避けて、船内のお風呂で湯ったり(笑)
a0064122_22282723.jpg
ちょうど夕陽の見える頃には、遠くに佐渡島がありました。
a0064122_22293733.jpg
明日は敦賀港に5時半着予定。4時には起きないとね。小説もほぼ読みきり、ベットに横になりました。
[PR]

by bon_bom | 2006-09-10 22:13 |  └'06東北ツーリング | Comments(4)
2006年 09月 10日

最終目的地・秋田は、遠く。

十三湖で「給油」を済ませて、14時。今宵の宿は秋田市内。
まだまだ走らねば。
本当は海岸線で行きたいのだけれども(今考えると、こっちでも良かったか?)、弘前市内を抜けて行くことに。途中は広域農道を。
★ちょっと見えにくいけども「メロンロード」(十三湖からつがる市内)
a0064122_1725684.jpg
★岩木山を眺めながらの「やまなみロード」
a0064122_17285058.jpg
たわわに実るりんご畑を横目に走ります。
しかし、この後、弘前市内で見事に迷子になり右往左往。はぁ~。
何とか抜け出し、R7で大館市内経由で能代へと向かいます。能代へ出た頃にはすでに18時となり、日もだいぶ傾きかけちゃいました。何とか日本海に堕ちる夕日を見たい!!
八郎潟を南にまっすぐ伸びる県道を走るのですが。
何とペースの速いこと!!平均時速○○km(爆)おかげでえらく快走できましたが。
a0064122_17435959.jpg
本当は男鹿半島も巡りたかった(ああ、こんなんばっかり)
a0064122_17463332.jpg
あ゛~!!沈んじゃうぅ~、、がっくり。
海岸線に出た頃にはすっかり暗くなり、真っ直ぐ秋田市内を目指します。
しかし、今夜のホテルも詳しい住所確認してないもんだから、「とりあえず秋田駅だ!!」で前進。途中、明日お世話になる秋田港のチェックもして。
ホテルに着いたらもう、20時前。駐車場の隅っこに止めて、荷物を運び込む。
千秋公園の目の前で、秋田の中心部なのに、夕飯はコンビニ弁当(爆)
ホテルの最上階にある温泉で疲れをとったら、やっぱり爆睡となったのでした。。
[PR]

by bon_bom | 2006-09-10 17:56 |  └'06東北ツーリング | Comments(0)
2006年 09月 09日

しじみラーメン

竜飛岬を折り返して、日本海側を南下していきます。
ここは風が強いので、風力発電の施設があるようです。
a0064122_20411468.jpg
気持ち良さそうに回ってるよ。
R339の風景は北上してきた陸奥湾・津軽海峡側の漁村をすり抜けていく様子とは全く変わって、南下していく日本海側は、かなり激しいワインディングとなりました。
a0064122_20441155.jpg
高低さもあり、そのため、ヘヤピンカーブが続きます。けれど、路面状況は悪くないので、快適に走れましたよ。
a0064122_20504346.jpg
a0064122_20453979.jpg
マップルにもある「日本海の海岸線を一望」と、まさにその通り。本当に気持ちいい~!!

さ、そろそろお腹も空いてきました。
マップルをペラペラ見ていると、「十三湖のしじみラーメン」が。
ぼんは基本的にラーメンはあんまり好きじゃない。しかもこってり系は大の苦手。
けど、しじみを使うからにはそんなに「むつこい」味じゃないでしょ。

ぼーっと運転してたら、マップルオススメの2軒を見事に見過ごし(爆)
暑さに負けました。。
引き返す元気もなく、仕方なく前進して、道の駅らしきところで食べることに。
a0064122_20595153.jpg
おお、本当にしじみが浮いてる(笑)
味はというと、シンプル。磯の香りがいいですね。
[PR]

by bon_bom | 2006-09-09 21:07 |  └'06東北ツーリング | Comments(0)
2006年 09月 09日

ごらん、あれが

奥入瀬を抜けると、十和田湖に戻りました。しかし、再び北上します。
奥入瀬のバイパスになっているルートをとりました。
a0064122_12483393.jpg
ここからも十和田湖が一望できました。
バイパスルートからは、南八甲田の山並みがはっきりと。
a0064122_1310526.jpg
しばらく行くと酸ヶ湯温泉が見えてきました。
a0064122_13121817.jpg
ここも行ってみたかったんですねどねぇ。また次のお楽しみ、ということで。
R103を青森市内を目指して下っていきます。途中の萱野高原は気持ち良かった~
a0064122_132438.jpg


青森市外を抜け、どんどん北上していきます。
目指すは竜飛岬。
下北半島の大間崎で、まぐろ!とも思いましたが、あまりに遠すぎる。
(これも次回のお楽しみかな(笑))
a0064122_13481158.jpg
a0064122_13484522.jpg
やってきました、竜飛岬。この隣には「津軽海峡冬景色」の歌碑があって、もちろん、曲も聴けますよ。

駐車場の隅っこでは郵便局員がリンゴのゆうパックの販売やってました。
大変ですねぇ、ご苦労様。
そして、ウロウロしていると
a0064122_1353455.jpg
発見!っていうか、「階段国道」って、ここだったのか!(マップルにも書いてあるやん!)
a0064122_1354021.jpg
a0064122_13542361.jpg
この一帯、8月なのにあじさいが満開でした。西日本の人間としては、あじさいは、梅雨の雨の下で見るものだと思っていましたが、燦々と降り注ぐ真夏の太陽の下でも、やっぱり綺麗ですね。
[PR]

by bon_bom | 2006-09-09 13:59 |  └'06東北ツーリング | Comments(0)
2006年 09月 07日

「奥入瀬」再び。

8月9日(水)、今朝もご機嫌なお天気。
蔦温泉に後ろ髪を引かれながらも、もと来た道、奥入瀬渓流へと。
前日に走った同じルートを選択することは、余程の事情(通行止めとか)が無い限り、時間の無駄使いにも等しく、「自称ツアラー」としては避けたいこと。しかし、如何せん、昨日の奥入瀬は真っ暗で何も見えていなかった(爆)
朝食の時に仲居さんに奥入瀬のポイントを聞いていたので、とりあえず、その場所、
石ヶ戸へと行ってみました。
a0064122_2133677.jpg
奥入瀬渓流は全長14kmあり、遊歩道が整備されています。その中で駐車場も備わっている休憩所のような施設はこの石ヶ戸と他3箇所くらいだけのようです。しかし、全部歩こうとすると、5時間もかかるらしい(^^;それはとても無理なので、石ヶ戸にバイクを止めて歩こうと思ったのです。が。
どこまで歩こうかも、決め手に欠け、5分もしないうちにバイクへ戻り、走り出すことに(汗)
奥入瀬は国道からも見えるし、ガードレールなどもないので、ポイントを見つけては、川へ降りていけるので、味気ないけれど、そうすることにした。
a0064122_21101377.jpg
a0064122_21153155.jpg
a0064122_2116688.jpg
写真を撮りながら、前へ進むのですが、ポイント毎で同じおじさんと出会う。歩くの早いなぁ(笑)ぼんはバイクで走ってるのに。。

しかし、東北ツーリングで毎日感じたことだけど、
「時間をかけて、じっくり巡りたい」
今回初めての東北だったので、ちょっと欲張ってしまった為、どうしても駆け足になってしまう。この奥入瀬渓流にしても、5時間まではかけなくても、ゆったりと歩いてみたかった。
この次の東北ツーリングの課題ですね。
[PR]

by bon_bom | 2006-09-07 21:31 |  └'06東北ツーリング | Comments(0)
2006年 09月 05日

秘湯「蔦温泉」

お腹も空いていたので、食事は一気に終了。
荷物の整理をして、9時になるのを待って「久安の湯」へ行ってみよう。
長い階段を降りて、帳場(フロントですねぇ)を過ぎると
a0064122_6564475.jpg
ちゃんと女湯になってますね、ほっ。
さすがに9時すぎだから、お客も少なめ。誰も居なくなったのを確認して・・
a0064122_6583667.jpg
ほほぉ。よさげ~!早速湯船に浸かって湯ったりしませう。。
と、目の前に水槽!?(写真左端の黒い枠)があってちょっと不思議な感じですが。
そうそう、この温泉は、なんと源泉の真上に湯船があるのです。なんで、湯船の底は少しずつ隙間があって、そこから湧いてきてますよ。
a0064122_721245.jpg
だからって、熱すぎることもありません。
のんびりと湯を楽しんで、部屋に戻ると、あっという間に夢の中へ。。

-----------------------------------------------------

クーラーのない部屋なのに、ひんやりとした空気で目が覚めた。
昨夜、客室係の方が、「ちょっと暑いでしょう?」って言われてたけど、
全くそんなことはなく。朝方は本当に涼しい。ああ、西日本には戻れない(笑)
外を見ると、今日も快晴~!!
テレビを見てたら、東海あたりは台風の影響が出てるみたい。帰りのフェリーに支障はないようだから、助かった~(^^;

今朝は朝食までにもう一つの「泉響の湯」に行ってみよう!
鼻歌歌いながら「泉響の湯」の前に行くと、

「清掃中」

え゛~(泣)そんなぁ。夕べ、入っておけばよかったかなぁ。
がっくりして、部屋に戻ろうとしたのですが、やはり諦めきれず、近くにいた職員らしき人に
「これって、入れますか??」と聞くと、
「大丈夫ですよ」と!やった(^^)では!!
a0064122_2126549.jpg
a0064122_21262963.jpg
隣の男湯との壁は途中で途切れてて、しかも、天井が高い。おかげで浴室内は湯気が篭ることもなく、ゆっくり湯船に浸かれますね。はぁ~、極楽極楽♪
優雅な時間を過ごして(まるでツーリング途中だとは思えない)、朝食は、新館のお食事処で。
a0064122_21392224.jpg
ぼんは初めて「すじこ」を頂きました。どうやって食べるのか分からなかったので、仲居さんに聞くと、とっても丁寧に教えてくれました。ついでに、「温泉卵のお出汁をとろろに入れて食べるといいのよ」まで教えてくれて、コレがまた美味!!
この朝食の時に感じたのは、この宿の従業員の方たちの暖かさと、気遣い。
ぼんは独りなので、隣の席にも朝食は用意されていたのだけど、食べている間は相席にならないように、常に気を使ってくれました。
それに、「徳島から来たんですってねぇ?今日はどちらまで?」とか、押し付けがましくない程度の会話も、嬉しくなりましたね。本当に来て良かったな、って思います。
この宿はとってもオススメです(^^)v
a0064122_2154289.jpg
a0064122_21545078.jpg
a0064122_21551656.jpg
今度来る時はもっとゆったりとこの宿で過ごしたいなぁ。きっと来ますよ!
[PR]

by bon_bom | 2006-09-05 07:04 |  └'06東北ツーリング | Comments(4)